旭川・稚内の弁護士・経営相談・法律相談【北の杜法律事務所】

相続・遺言書作成のご相談

遺産分割,相続に関する諸手続/旭川・稚内

▶遺産分割、相続放棄など、相続に関する各種手続についてご相談に応じます。遺産は、被相続人(故人)が自由に処分することができる建前ですので,遺言書があれば,その内容に従って遺産分割が行われるのが原則です。もちろん,遺産の中に不動産が含まれている場合が多く,相続人の協議により遺言書の内容にしたがって分割したり,また遺言書がない場合も,話し合いで法定相続分に則って相続分を決めることになります。しかし、現実には,遺産分割の仕方や方法をめぐって,相続人の間に紛争が生じるケースは珍しくありません。そこで遺産分割協議でまとまらなかった場合は,家庭裁判所における「遺産分割調停・遺産分割審判」によって遺産分割することとなります。

遺言書作成/旭川・稚内

▶遺言書がない場合,民法において法定の相続分(法定相続分)が定められていますが,遺言書がないケースでは,不幸にして,遺族(法定相続人)によって「骨肉の争い」が繰り広げられることも珍しくありません。そうした事態を避けるためにも,生前において遺言書を作成し,ご自身の意思を明確に残し,遺産をめぐる相続人間の紛争の芽を取り除くことが重要です。 遺言書には、普通方式・特別方式の2つの形式がありますが,通常は,普通方式(自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密遺言)によることとなります。このうち,自筆証書遺言は,遺言をしようとする者が,全文、日付及び氏名を自書し署名押印するかたちのもっとも一般的なものですが,代筆されたり,パソコン,ワープロ,タイプライターによって作成されたは無効となりますので注意が必要です。公正証書遺言は,証人2人以上の立会いのもと,公証人が遺言者から遺言の口述をもとに遺言書を作成し,その遺言書の原本を公証人(公証役場)が保管する方式のことです。 秘密証書遺言は,遺言の内容を記載した文書に遺言者が署名押印して封筒に入れ,遺言書に用いた印で封印し,これを公証人に提出して作成する方式の遺言書です。 ただし,いずれの方式も,遺言書は民法の規定に従って作成しなければならず,法律の規定に従っていない遺言書は無効なったり,意図した効果が認められない場合がありますので注意が必要です。